読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『アイドルマスター シンデレラガールズ』第15話感想

前回のラストで衝撃的な発言をした美城常務。現行のプロジェクトすべてを白紙に戻し、今回では彼女の独断でアイドル事業を再編成すると明らかにしました。

 

 

前回の放映が終了した後、ネットでは「原作ユニットが日の目を!?」などという声が多数上がっていましたが、僕は少し性急かなと思わざるを得ませんでした。もちろん李衣菜はなつきちと組ませるべきだし、そのほかにも(397Cherryとか)推したいアレはあったりするんですけれども、それ以前に美城常務が何を考えて何を根拠にそのような発言・行動をしているのかがさっぱりわからなかったというのが主な理由です。

 

僕にはあのおばさんがあまり悪い人には見えないんですよね。いや嫌な人ではあるかもしれないですけど。彼女には彼女なりの考え、ポリシーがあって論理的思考に基づいてああいった行動に出たと信じているのですが、いかんせん今のところそれを証明する材料が皆無なのです。15話でも楓が選ばれましたが、その基準もいまいちわかりません。ただ何となく。あれだけの権力を持っている人なのだから、剛腕を持ち合わせているはずだと。

 

どうせ縁故就職組だろ

 

 

 

さてさて、常務については置いておくとして、今回の内容について触れて行きたいと思います。

 

 

今回、マジ泣きしてました。

 

 

ほんとうに良かったと思います。まさか2期2話目でここまで泣ける話を持ってくるとは思いませんでした。

 

今回、CPは解散させられ、例の部屋からも追い出され、半地下のような「資料室」に閉じ込められるような形となったメンバー。

 

そこは埃臭く、薄暗く……彼女たちはそう、まさに「灰かぶりの姫」という状態になっていました。

 

今まで各ユニットのデビュー、サマフェスの成功と快調に走っていたCPメンバーですが、ここで思わぬ壁にぶつかることになります。

 

あるものは憤り、あるものは途方に暮れ。ただ、彼女たち全員がいちど立ち止まり、今までのことを振り返る機会になったのではないでしょうか。「企画書を書く」というのも、以前の出来事を思い出させますよね。(ただ、島村さんに関しては不安な面もあったり)

 

 

 

ただ、前だけを向いて走るだけじゃダメなんです。

自分の歩いてきた道を、振り返ってこそ自分がやってきたことに自信を持てる。

 

 

そう、はっきりと教えてくれたのが後半パートでした。

 

美城常務のオファーを断り、ソ○マップでのライブに参加することにした高垣楓は、NG、もしくはCPのメンバーにみずからの行動をもって教えたのです。

 

今まで、CPのメンバーは「始めること」「変わること」「変わろうとすること」を目標にして活動をしてきました。

 

ただ、楓はその一歩先からみんなを振り返って言ったのです。

 

「変わらないことも、大切」なんだと。

「自分らしくあることも、大切」なんだと。

 

最初は、周囲の人々はダジャレを飛ばしてのらりくらりと質問をかわす楓の行動を誰一人として理解できなかったはずですが、その人々はあのライブで彼女のことを理解し、またCPメンバーは、自分たちが明日から何をすべきかということにつなげていけたのではないでしょうか。

 

 

 

前半は非常に消化器系に悪い展開・演出でしたが、後半で一気に雲が開けた感じがします。

 

そしてラストの「舞踏会(仮)」。どのような企画なのか、またはたしてその企画が受理されるのかということも気になります。

 

 

 

 

さて、次回はウサミン回……かな!?